タキロンなどで見る技術・材料の進化【モノづくり百科】

工場

製品製造技術の色々

高い機能を備えている保冷剤を購入しませんか?食品から医療品まで、様々なものの保冷に活用することができます。

良く知らない方でも簡単にアルミキャストの歴史について学ぶことが出来ますよ。このサイトなら詳しく掲載しているので学べます。

作業員

モノを作るためには様々な事が必要になり、特に製品製造技術はモノづくりの進化とシンクロしています。良い製品を作るためには高い技術が必要になり、更に高い品質の製品を作るためには製造を行うための機器もレベルをあげる必要があります。材料加工業界などではミクロン単位で製造品質を調整し、一般人が見てもわからないような繊細な製造を行なっています。タキロンなどもそういった繊細でレベルの高い製品づくりをしている業者で、プラスチックなどの樹脂材料を用いた成形加工を得意としています。タキロンが作る製品は様々な物がありますが、例えば塩ビなどは有名です。塩ビとは塩化ビニールを用いたプラスチックのことで、配管などに多く用いられています。耐久性が高く無いと水漏れが起こる可能性があり、塩ビに求められるのはタフさなどがあります。タキロンはタフな塩ビプレートを作ることに成功し、酸やアルカリ性の物質が触れても腐食しにくい特徴を持った製品が販売されています。
プラスチックと同様に身の回りに溢れている材料には金属がありますが、金属の中でもアルミを使用した鋳物などはアルミキャストと呼ばれています。アルミキャストを用いた製品加工は至る所で行われていて、自動車のエンジンルームなどはアルミキャストのパーツで出来上がっています。非常に精密な成形が可能で、ミリ単位での調整をすることが出来ることから高級製に用いられることも多くあります。トムソン加工とは立体抜型を使用して作られる加工技術の事を指し、レーザー加工機などで切断することが出来ない場合などに多く用いられています。ゴムなどの柔らかい材料や光を反射させてしまう材料の加工にも適しています。先端材料の進化もめまぐるしい物があり、例えば高吸水性高分子の性能が高くなったことから保冷剤等の性能も飛躍的に高まりました。製品として仕上がるまでには様々な技術と材料が用いられ、こういった技術進化は常に行われています。

酸化チタンなどの商品を取り扱っているサービスがあります。素材として使用するのに相応しい高品質が魅力的です。

レーザー加工が出来ない時

レーザー

トムソン加工のを行うためには立体抜型の存在が必要不可欠です。レーザー加工機で切断出来ないような柔らかい素材やゴムなどでも簡単に整形することが出来るため、小ロット生産の現場では用いられています。

読んでみよう

キャストとプレスの差

工場

アルミキャストに似たものにアルミプレスがありますが、どちらも特徴が異なり利用される場所も異なります。アルミキャストの一番の魅力は何と言っても形状加工が金属を溶かした状態で行うという点です。

読んでみよう

大量生産を行う

工場

プラスチック成形を専門に行う業者はいくつかありますが、数万単位のロット数で依頼する時はコスト削減について考える必要があります。海外に生産拠点のある業者を選ばなければいけないという場合も考えられます。

読んでみよう