タキロンなどで見る技術・材料の進化【モノづくり百科】

工場

大量生産を行う

工場

プラスチック製品を大量生産するという時は成形方法を考える必要があります。一連の流れで整形することが出来るという場合は問題無いですが、途中で人の手がどうしても必要という場合はそれなりに手間も暇もかかり成形方法を工夫する必要が出てきます。大量生産と言ってもロット数によって大きく異なります。例えば数万個単位で成形するという場合は規模も大きくなりコスト削減についても考えなくてはなりません。数千ロットという場合は比較的簡単に用意できる場合があります。成形加工に関しても1つの工場で完結することが出来る場合も多く、期間も短いでしょう。ロット数が数万単位のように多いという場合は場合によっては海外の生産拠点を持つプラスチック成形専門業者に依頼しなければ収支が付かない場合もあるでしょう。海外に拠点を持つ企業はいくつかありますが、全て大きな生産業者であり、簡単に依頼できない場合もあります。こういう時は一度相談したりまた打ち合わせという形でヒアリング等をして詰めていく必要があります。
プラスチック製造業者の選び方には幾つかポイントが有り、前述したように海外で生産拠点を持つなどして低コストで成形加工が出来るか否かがあります。生産する品質なども求められてくるでしょうし、また納期体制に関してもチェックするべきポイントと言えます。安かろう悪かろうで生産してもらっても困りますし、逆に時間をかけすぎて生産が間に合わないという場合も困ります。いい塩梅で生産をすることが出来るという点を元に選ぶことになるでしょう。プラスチック製造に関する情報というのは実は多いわけではありません。特にネット上では偏った意見もあり、ランキングや口コミ等を参考にしながら実際に各業者に見積依頼や相談をしてみることになります。金額も高いため十分な時間を設けて選ぶ必要があるでしょう。