タキロンなどで見る技術・材料の進化【モノづくり百科】

工場

キャストとプレスの差

工場

アルミを素材にした鋳物の事をアルミキャストと呼ぶことがありますが、アルミキャストと同様に利用される加工にアルミプレスがあります。アルミキャストは鋳造と呼ばれる加工方法を用いて行うものですが、アルミプレスはプレス加工を用いて行われるものです。全くもって違う加工方法ですが、用いられる製品は同じという場合もあり、アルミキャスト製品とアルミプレス加工製品の違いが分からない方も多いです。まず鋳造に関する加工方法ですが、鋳造は非常に歴史の古い加工技術であり、技術レベルが非常に高いです。金型と呼ばれる型にアルミを流しこむことで形を作り、カットしたり切ったり折り曲げたりという加工をせずに形を作ってしまいます。溶けたアルミがそのまま固まるため材料のムラができにくく、高級なべなどに利用されることがあります。熱伝導率を良くするためにもアルミキャストを材料として使用することもあり、効率的な熱伝導を行うことが出来ます。
アルミプレス加工はインゴットなどのアルミを一旦溶かし、そして規格に則った形で一旦板にしてしまいます。この板は市販でも販売されているもので、この板をプレス機等を用いて打ち抜きと呼ばれる加工が行われます。例えばアルミプレス加工で箱を作るとすると、底面部分の板を打ち抜き加工で作り、横側も用意する等で複数のパーツを用意します。後は溶接等を行いながら形状を加工していきます。切削等をする必要もあり、旋盤加工を行うこともあります。形状加工が非常に簡単なため、コストカットしながら製品づくりを行うことが出来ます。アルミキャストとは異なり熱伝導率に優れているわけではないため、最初で高品質なアルミ板を用いて加工していきます。どちらにもメリットはあり、適材適所で用いられていきます。